歯科治療で必要な抜歯

歯科医院には、お口の悩みを持つ患者さんが多く訪れています。虫歯や歯周病など、お口の悩みは様々ですが、痛みや腫れなどの症状は不快で、食事も楽しむことができなくなってしまい治療が必要になります。虫歯は菌が歯を溶かしていく病気です。初期はほとんど痛みがありませんが、やがてズキズキとした特徴的な痛みが出て神経まで浸食されてしまいます。神経が虫歯になっても、根元の部分は残っていますが、放置していると根元まで虫歯になってしまい、歯科医院でも抜歯しか治療方法がなくなってしまいます。また、虫歯と並んでお口の病気として知られる歯周病は、歯そのものではなく歯茎や歯を支える骨の病気です。歯を支える骨がなくなってしまうと、歯はグラグラになってしまい、こちらも抜歯の対象になります。抜歯した歯は決して元には戻りません。歯科医院ではできるだけ治療をして歯を残そうとしますが、重度の虫歯や歯周病になると残せなくなってしまいます。抜歯した場合は、ブリッジや入れ歯、インプラントという治療をすることで、噛む機能と見た目を回復させますが、本物の歯に比較すると人工の物なので噛む力などが変わってきます。お口の病気になったら、できるだけ早く治療を受けて、歯を残すようにしましょう。

↑PAGE TOP