予防歯科という考えが大切

今は予防歯科という考え方がかなり浸透してきました。これまでは歯医者というと虫歯になってからいくのが普通でしたが、今は虫歯にならないように、または歯槽膿漏にならないように事前に予防してもらうために行くという考え方が出てきたのです。歯医者でないと出来ない歯の洗浄やコーティング、ブラッシングというのがあり、自分では出来ない歯垢の除去をしてくれるということで、今はこの予防歯科の大切さが知られるようになってきたのです。

↑PAGE TOP